ネット証券手数料定額

現物株手数料(一日定額方式)でネット証券を比較

一日定額方式というのは、通常の場合と違って
一日の間に成立した株の売買注文の合計金額に応じて手数料を支払っていく方式です。

 

デイトレードなど一日の間に頻繁に取引をする方におすすめです。

満足度の高い納得の選び方

一日定額方式の場合、約定金額にかかわらず安いところと高いところがはっきりと分かれているので
日によってトレードする金額が変わってもだいたい変わりません。

上限が設定されているネット証券はヘビートレーダー必見。

証券会社 手数料 詳細
50万円 100万円 200万円 500万円 1,000万円 2,000万円 上限
GMOクリック証券 430円 860円 1,260円 2,240円 3,690円 6,590円 なし GMOクリック証券の公式サイトGMOクリック証券の詳細ページ
SBI証券 450円 800円 1,220円 2,080円 4,180円 8,380円 なし SBI証券の公式サイトSBI証券の詳細ページ
マネックス証券 2,625円 5,250円 10,500円 18,375円 なし マネックス証券の公式サイトマネックス証券の詳細ページ
楽天証券 楽天証券のいちにち定額コースは、デイ割というデイトレで片道分無料になる割引あり 楽天証券の公式サイト楽天証券の詳細ページ
450円 900円 2,100円 5,250円 10,500円 21,000円 なし
岡三オンライン証券 500円 800円 1,300円 2,800円 5,300円 10,300円 なし 岡三オンライン証券の公式サイト岡三オンライン証券の詳細ページ
松井証券 525円 1,050円 2,100円 5,250円 10,500円 21,000円 上限105,000円
(1億円超)
松井証券の公式サイト松井証券の詳細ページ
ライブスター証券 新規
2ヵ月0円

420円
新規
2ヵ月0円

630円
新規
2ヵ月0円

1,050円
新規
2ヵ月0円

2,310円
新規
2ヵ月0円

4,410円
新規
2ヵ月0円

8,610円
新規
2ヵ月0円

なし
ライブスター証券の公式サイトライブスター証券の詳細ページ
むさし証券 1,260円 2,520円 5,040円 8,820円 上限12,600円
(2,700万円超)
むさし証券の公式サイトむさし証券の詳細ページ
内藤証券 430円 790円 1,210円 2,470円 4,570円 8,770円 なし 内藤証券の公式サイト内藤証券の詳細ページ
証券会社 50万円 100万円 200万円 500万円 1,000万円 2,000万円 上限 詳細
手数料
SMBC日興証券 一日定額方式の手数料体系なし SMBC日興証券の公式サイトSMBC日興証券の詳細ページ
カブドットコム証券 一日定額方式の手数料体系なし カブドットコム証券の公式サイトカブドットコム証券の詳細ページ
フィデリティ証券 一日定額方式の手数料体系なし フィデリティ証券の公式サイトフィデリティ証券の詳細ページ
マネーパートナーズ証券 一日定額方式の手数料体系なし マネーパートナーズ証券の公式サイトマネーパートナーズ証券の詳細ページ

一日定額方式の手数料体系でおすすめ証券会社をピックアップ!

売買金額の総計が200万円程度までのデイトレなら

一日の売買金額の合計が200万円までで、 なおかつ買ったその日に売却するデイトレードなら 楽天証券のデイ割を利用した場合が最もお得

 

売買金額の総計が4,000万円程度までなら

デイトレを本格的にやっている人であれば、 GMOクリック証券がおすすめ。

 

4,000万円超の超ヘビートレーダーの場合

手数料に上限が設定されているむさし証券が有力か。
信用取引でも好条件なので注目度が高い。

はじめてのネット株取引なら楽天証券!

ネット証券手数料定額!一日定額コース比較【デイトレ】関連ページ

ネット証券現物株手数料比較!約定金額ベース【少額取引】
ネット証券を比較するならやはり手数料は真っ先に気になるポイントです。しかし、注文ごとに支払うタイプの料金体系のものは時々トレードをする一般の方向けのプランになっています。
信用取引手数料比較!金利・保証金【ネット証券口座選び】
信用取引というのは、金利と手数料の二つでコストが決まります。文字通り手数料は売買するときの2回ですが、金利は信用取引をしている間はずっとかかります。
ミニ株おすすめ証券会社!手数料比較【積み立て・初心者】
ミニ株は取り扱っている証券会社が少ないです。その中でも手数料などはよく見るとかなり違いがあります。データをそろえておいたので、安くて有利な条件のネット証券を選んでみてください。
PTS株SBI夜間取引!時間外取引【株式ランキング】
ネット証券と相性がいいと思われていたPTS・私設取引システムですが、現在は縮小傾向。取引が少なく現在では個人でできるものはほぼすべて終了しています。SBI証券が唯一現在も取扱いっています。
ネット証券個人向け国債キャンペーン比較【中途換金変動10年】
ネット証券でIPOに参加するときの注意ですが、基本的にIPOは大手の証券会社が幹事となります。そこから主要な証券会社へと振り分けられるので、実績のあるところを広くカバーしておく必要があります。
ネット証券投資信託比較!取扱いファンド・積立【コツコツ運用】
ネット証券で投資信託をはじめるときの注意ですが、手数料や運用成績のいいファンドを探したらあとは、とり扱いがあるかどうかを調査しなければいけません。つまり、評判のいいところはいいファンドが揃っているということです。
ネット証券個人向け国債キャンペーン比較【中途換金変動10年】
ネット証券に限らず、個人向け国債はドコで買っても同じです。敢えて違いを探していくと、キャンペーンになります。条件はそれぞれ違いますから、クリアできそうなところを選んでみては?
日経225先物手数料安い!ネット証券ランキング【OP・証拠金率】
ネット証券の日経225先物は、手数料で証拠金率で選ぶのがおすすめ。初めての方ならミニの手数料にも注目。少ない金額で取引できるので安心です。オプションのほうの条件も掲載しています。
外貨MMFおすすめネット証券!税金は?【為替手数料比較】
外貨建てMMFは、安全性の高い運用方針であるMMFと外貨建て商品を組み合わせたものです。運用リスクが低いため主なリスクは為替変動リスクで、外貨預金よりも条件が良いので人気があります。
ネット証券FX比較!おすすめランキング【スワップ・スプレッド】
ネット証券をFXで比較しました。どこも手数料は無料がスタンダードになっていますから、スプレッドが実質的なコストとなっています。人気のドル円、ユーロ円、豪ドル円にポンド円、売買単位をについて調査しました。
ネット証券債券比較!利回り金利は?【安定型投資】
債券は比較的安定した運用をしたい人に人気がありますが、その中でも危険性の高いハイイールド債、安定性の高いソブリン債、社債に地方債などいろいろな種類があり、さらに海外のものもあります。